忍者ブログ

Armored Devil

アーマードコア、デビルメイクライ、テイルズ、東方なんかが好きなヲタク野郎がいろんなゲームやらアニメやらについて語るブログ。

10.23.04:22
[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

  • 10/23/04:22

02.26.22:35
続きあるのかな?

昨日の夜中にバイオハザード(映画)を1~3まとめて観ました。(バイオハザード ディジェネレーションではないです)
ゲームでのストーリーは知らないから純粋に楽しめる。
シリーズのゲームをやってきた人にとってはどうなんでしょうね?
まったく別のストーリーになってる(と思う)から「ココが本編とは違う!」なんて感想とは無縁な気もしますけどね。

以前、「容疑者Xの献身」の時に話した内容と言ってることが違うんじゃないか? と思われる方もいるかもしれませんね。
あれは「人気作品⇒映画化」っていう単純な構想が気に入らないってだけです。
まして、そうしてつくられた映画が面白くなかったり、「原作通りのスト-リーであるのにもかかわらず、時間の関係で登場人物・シーンの削除が行われている」という状況が許せない。
 このパターンの例であると思われる作品
   ・『終戦のローレライ』 福井晴敏 (←は原作の名前。映画では『ローレライ』となっている)
    リンクあり→  原作(単行本)  映画(DVD)
しかし上の構想であっても、映画としての完成度が高ければ話は別。
また、「世界観は原作通りで、ストーリーは別モノ」ってのもアリ。
 このパターンの例であると思われる作品
   ・『バイオハザード』 ゲームより
    リンクあり→  原作(ゲーム公式)  映画   (DVD、Blu-ray)
これも面白くなければ「原作を侮辱してるのか!」って怒りたくなるようなこともありますけどねw

同意見の人が身近にいないと、こういう話ってなかなかできないね・・・
カテゴリに困ったので「その他」にしておきました。

拍手[0回]

PR
URL
FONT COLOR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS

TRACK BACK

トラックバックURLはこちら